40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

不定愁訴について

胃の芯熱と胃の痞え 2005.08.05

漢方薬の原点の傷寒雑病論に次のような文章がございます.
「傷寒発熱汗出不解心下痞嘔吐而下痢者柴胡剤主之」という文章です.
その意味は「傷寒にかかった病人,熱が出て治らずに,心下が痞えて硬くなり吐いて下痢する者,柴胡剤が主治する.
発熱して,発汗しても傷寒が解せないのは,病が表だけにあるのではなく,心下に痞え以下の症状は裏証であるから病は半表半裏にあると言うことになります.」となります.
今年は暑くなったり,涼しくなったり変化が激しいので,体がついていけないようです.
体調をなんとなく壊す方が増えております.

皮膚が冷えると熱の発散が悪くなって,体内に芯熱がこもり易くなります.
そのために,吹き出物が顔に出てきたり,顔が赤くなってほてったり,頭や顔が痒くなることもございます.
胃と肝に芯熱を持った状態になるので,胃の芯熱のために食欲過剰になったり,食欲不振に陥ったり,肝の芯熱のためにやたら怒りっぽくなったり,脂っこいものを欲しがったりします.
胃に強い痞えを生じ,みぞおちを押すと硬く張っていて,痛みを感じることもあります.
男性が中年になってお腹から太ってきて,あたかも信楽焼きのタヌキのような体型になってしまわれることがあります.
あの体型は肝臓に少し問題があることがよくあります.
これは少し危険信号と考えて,食事をあっさりしたものにして肝臓に対する負担を軽減するべきでしょう.
中性脂肪の値が高くなり,脂肪肝の疑いありと宣告されている人もおられるでしょう.
このような体型は普通のダイエットだけではなかなか痩せにくくてこずることでしょう.
漢方薬で肝臓を助けながら,運動を併用したダイエットが有効と考えられます.

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.