40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

不定愁訴について

天候不順と健康 2004.05.15

ここ数年の天候は毎年のように気象異常と言われています。
しかし、今年の天候は今までで、一番変化が激しくなっています。
5月前後から真夏のような気温かと思うと、急に10度以上も気温が下がったりして、身体が順応するのに苦労します。
抵抗力のない方や無理をしている方は油断をすると、途端に風邪を引きそうです。
身体に自信のある方でも風邪を引いて、長引いたと言う話もお聞きします。
気温の変化が激しいと体力のない方は冷えやすくなります。
そして、体力のある方は皮膚が冷えて、身体の内部に芯熱がこもりやすくなります。
最近、増えているご相談はお体に芯熱がこもり、体調を壊しておられますケースです。
身体に芯熱がこもったときの症状としては、例えばだるい、口が苦い、舌が白い、喉が渇く、咳が続く、胃痛、胃が重い、身体が熱っぽい、眠りが浅い、疲れが取れないなどの風邪がこじれたような状態になります。
もちろん、これらの症状の全てが出るのではなく、一部だけのことが多いです。
これらの症状はなかなか治りづらく、何時までも尾を引いて長引く方が多いと思います。
さらに肺にも芯熱がこもって、咳がずっと続いたり、鼻が出たり、鼻づまり、くしゃみなどがあり、皮膚の内部に熱がこもると湿疹のように赤いブツブツが出来て痒くなります。
寒暖の差が大きいので、皮膚がバランスを壊し、蕁麻疹になる方も多くありました。

 

このような状態になっても、お体に合った漢方薬を飲んでいただきますと治られます。
健康を維持するためには身体に無理のない生活を心がけ、適度な運動とご飯を主食にした食事を取って丈夫な身体を作っていくことが必要です。
抵抗力の低下した方が増えておりますので、回復が遅いことが多くなりました。
その場その場で対処療法をするのではなく、これからは普段から健康を心がけることが大切になります。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.