40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

2013年の運気 2013.01.01

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今年は癸巳五黄土星中宮、火運不及、厥陰司天、少陽在泉の年となります。

東洋医学の黄帝内経運気によると火運不及の年は水気である寒気が勝ってのさばり、火に属する夏の成長作用が行われにくい。

人々は胸の中が痛み、両脇が突っ張るように張り、痛み、また、胸、背、肩、かいな及び上腕の内側が痛み、

頭がうっとおしく、ぼんやりとし、心臓部が痛んでそのために声も出なくなるほどであり、

胸や腹が腫れ、痛みが脇の下から腰や背にひびき、それがひどい時は前かがみになって体を伸ばすこともできず、

腰から大腿部を引きちぎるような激痛を起こします。

 

復の現象が起こると、土気が報復をおこなうため、砂けむりがたちこめ、豪雨が振り、今まで勢いが盛んであった水気が制圧されます。

病人はアヒルの便のような下痢をして、腹が痛んで、急に痙攣を起こし、足が萎え、麻痺し、立っておれなくなります。

この時天空では、土星と水星の輝きでこれを示しています水に属する豆の収穫が悪くなります。

厥陰司天の年は厥陰の風紀が下界に君臨し、人体の脾気はこれに服従します。

人体では脾気がおかされ、体が重くだるい、肌肉が萎えしぼむ、食欲減退、味覚異常などの症状を起こす病にかかりやすいのです。

 

後半年は少陽在泉で在泉の少陽の火気が暴威をふるいだしますと、大地は熱を帯び炎の炎暑が万物を焦がし、

熱い雨が降って、冬眠中の虫けらが這いだし、河川は氷結しないなどの異変を生じますが、これらの目まぐるしいほど速やかに行われます。

 

 

来年は1年を通して火運不及なので、心と腎のバランスが悪く、循環器系のトラブルが心配になります。
冷たいものやお体を冷やす飲食物は十分に気をつけて減らしてください。

 

出来るだけ、日本食中心のお食事を心がけていただくことをおすすめします。

血の病になりやすいということはガンや心臓病や脳循環に関連する病にも注意が必要です。

昨年も言っていたのですが、赤飯を食べることで、血を元気にすることをお薦めします。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.