40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

動悸や息切れはありませんか 2012.10.06

津では今年の夏休み中に1日中雨が降ったのは1日だけでしたね。
雨もほとんどなく朝も夜も蒸し暑くクーラーを使い続けることになりました。
暑い夏は東洋医学では心臓や腸や肺が弱りやすいと言われています。
そのため、心臓にずーと負担をかけている状態が2ヶ月以上続いたので、10代の若い人でも動悸、息切れ、底知れぬだるさを訴えることがありました。
もちろん、年配者には今年のような湿度が高く暑い夏は身体に辛い季節でした。
毎年このような相談は少しはありましたが、今年ほど多く老若男女から相談を受けるという経験はありません。
特に8月の後半から心臓の疲れ方がひどくなってきています。
明らかに異常な事態であり、これからだんだん涼しくなってくると心臓の調子が悪くなる方が増える可能性があります。
動悸、息切れ、不整脈、胸痛、胸のあたりが重い、息が苦しく変な咳をする、やたらだるい等がございましたら、とにかく休養してください。
これからは夏バテも出てくる時なので、普段はできると自信があってもお身体を休めて夏の疲れを取る機会だと思ってください。
特に心臓に病気があったり、以前から動悸、息切れ、不整脈がある人は尚更ご注意ください。
それから、今年は肝臓に問題が起きやすい年です。
夏バテは肝臓が疲れた状態でもあります。肝が疲れると起こりっぽくなったり、脂っこいものを食べると胃にもたれる、すぐに横になりたくなる、ため息をよくつく、立ち上がる時に「よっこらしょ」と口癖になる、筋を痛めやすい、肩や腰や膝や足首など関節も傷みやすくなります。
肝を休めるには夜は出来るだけ11時を過ぎたら早めに寝るとかあっさりしたものを食べる、9時を過ぎたら食べないように気をつける、イライラを溜め込まないなどを守りましょう。
なかなか元気になれないようでしたら、ご相談ください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.