40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

放射線と健康について 2011.05.28

原発事故が起こり、放射性物質が環境に漏れ出始めたというニュースが流れたときから、三重県は大丈夫なのでしょうかというご質問を良く受けるようになりました。
私も大いに関心があるので、情報をいろんな角度で集めています。
不安に思って質問された方は残念なことにマスコミの報道が信じられなくなっていました。
そのために、インターネットの情報をみて、さらに不安が増幅されたのだと思います。
これからの話は私見です。放射性物質の健康に対する影響はこれから時間が経つにつれて拡大していくことになると思います。
外部からの放射線の影響ばかりが論議されている傾向がありますが、本当に問題なのは内部被爆の影響でしょう。
たとえば、空気中に漂う放射性物質を吸い込み、水や食料から体内に入り込み蓄積していきます。
少しずつは体外に排泄されるでしょうが、体内にとどまっている間は放射性物質から受ける放射線の影響は24時間休みなく浴び続けることになります。
セシウム137は半減期が30年、ストロンチウム90は28.8年、プルトニウム239は24000年となります。
半減期が30年ということは20歳の人が50歳になって初めて2分の1になり、80歳になって4分の1になるということです。
しかも、子供や若い人ほど放射線に対する感受性が高いのです。
放射線は生殖機能にも強い影響を与える可能性があると思います。
さらに遺伝子を傷つけ癌になる確率も高める可能性があります。
このような事態になっても漢方薬で少しでも貢献したいと願っています。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.