40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

体の痛みを我慢してませんか 2009.08.29

今回は体の痛みを取り上げてみたいと思います。
体の痛みと一言で言っても色々あると思いますが、私がよくご相談を受けるのは生理痛、頭痛、膝痛、腰痛などです。
このほかにも痛みはありますが、意外に原因が共通している場合が多いのです。
たとえば、生理痛と頭痛と腰痛を持った方が1種類の漢方薬(子宮と胃の冷えを改善する)を飲み続けることによって、3つの痛みが取れてしまうことがあります。
どうしてそんな都合のいいことがと思われるかもしれませんが、3つの痛みの原因が同じところから発している場合はまったく関係のなさそうなところの痛みがなくなることがあります。
東洋医学では症状の原因(たとえば、子宮と胃の冷えなど)がどこにあるのかを探し出すことが非常に重要なことです。
どこに原因があり、どのような状態になっているかを探し出せば、その後症状が改善するのは時間の問題ということです。
漢方薬を飲み始めて症状が比較的早くに改善することがありますが、下の原因が完全に解決するまでは根気よくお続けいただきたいと思います。
現代医学では痛み止めの薬は痛みが止まればやめたほうが良い場合があります。
その感覚で判断されるのでしょうか、痛みが改善するとすぐにおやめになる場合があります。
原因が治っていないとしばらくすると痛みが戻ってきます。
漢方薬の効き目が切れてきたと言うよりは痛みの原因がまだ治っていないので、再発したということになります。
痛みの原因を解決した場合は漢方薬を飲まなくなっても、再発する可能性はほとんどなくなります。
ただし、生活の中に問題があり、同じ原因をまた作ってしまえば、再発する可能性は出てきます。
そのために、痛みの原因を解決するだけでなく、日常生活の中に問題を見つけて、それを改善することで健康なからだになり、再発を防ぐことは可能です。
痛みだけが気になり、そこだけを何とかしようとしても根本的な解決にならないでしょう。生活を見直すことをお勧めします。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.