40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

スポーツの怪我と漢方薬 2009.04.11

春になりすこしづつ暖かくなりました。
戸外でスポーツをされる方も増えると思いますが、皆様はいかがですか?
健康のために体を動かすことは必要だと思います。
最近はウォーキングや登山などに出かけられる年配の方がいます。
健康に気を使って、無理をせずスポーツを楽しむことは良いことです。
若いときに運動をしていて筋肉を鍛えていた人やもともと筋肉質で少しでも運動するとすぐに筋肉がつくような人は運動をしなくなるとだんだん血行が悪くなります。
そのために肩こりがひどくなったり、腰痛が出たり身体に支障が出やすくなっています。
ある程度筋肉質の方は常に運動をするべきだと思います。
運動をすることによって、血液循環が良くなり、身体も温かくなります。
東洋医学的に考えると筋肉と肝臓は関連があるということになっています。
したがって、筋肉を動かす血行がよくなりと筋肉が強化されることで肝臓も強くなります。
運動をしているとお酒に強くなると言うことを経験された人もあるでしょうが、この原理で説明できると思います。
スポーツは良いことが多いのですが、たまに怪我をすることがあります。
せっかく、身体によいことをして怪我で生活に支障が出るのは残念です。
漢方薬は怪我の回復を早くすることもできると言うことをご存知ですか?
漢方薬というと体質改善のためのもので、じっくりと時間をかけて効いてくると思っておられませんか。
怪我に対しては、即効的な効果が現れることがあります。
たとえば、打撲、打ち身、捻挫、骨折などは怪我をしたときに内出血をします。
整形外科の治療と併用して、その内出血を漢方薬で取り除くと治療が速く進むことと怪我の後遺症を防ぐ可能性があります。
実は私も過去に何度も経験していますし、患者さんのもお勧めしてたいへん喜ばれています。
お困りの人はぜひご相談ください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.