40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

産後の女性の悩みについて 2007.04.21

最近、妊娠中やお産した後のことに関するご質問が増えております。
核家族のせいか妊娠中や産後の悩みについて相談する人は身近にいなくて一人で解決しようとしてノイローゼのようになっている方が多いです。
その上、若いお母さんたちがいろいろな情報を集めているので、頭でっかちになりすぎて、若い妊婦、産婦のお母さんやおばあちゃんがアドバイスしようとしても納得できないこともあります。
子育ての本とかインターネットで得た知識だけで何とかしようとしていても、情報が多すぎて反って迷うことになり、不安がさらに増大すると言う悪循環になります。
そして、それらの情報源に自分と同じような話が書いてあったとしても完全に一緒ではなく、条件が異なるので安心できません。
やはり自分のケースについて直接相談しないと問題の解決にはならないでしょう。
ではどんな悩みが多いかといいますと産後の女性に良くあることですが、食欲過多で太ってしまうとかなんとなく元気がないとか直ぐにイライラするという症状をよくお聞きします。
赤ちゃんはエネルギーの強いのでお腹にいるときに母体もそのエネルギーで温まります。
そのことによって人によっては普段よりも元気になったりハイテンションになったりします。
ところがその熱が産後まで残って胃とか肝に芯熱を持つことがあります。
食欲過多は胃の芯熱のせいで、怒りっぽいのは肝の芯熱のせいです。
なぜなら、空腹のときもイライラするのはお腹がすくと胃が熱を持ち、それが肝に入り肝気が高ぶり怒りっぽくなるからでしょう。
ただし、その芯熱は漢方薬で取ることが可能ですから、ご安心ください。
ついついお腹がすいて間食を食べるぐらいならばご飯をいっぱい食べましょう。
母乳を与えているということは血を吸われているようなものです。
したがって、授乳中は貧血になりやすくなります。
貧血の方は切り餅を1日1個食べるとかアズキをご飯に炊き込むとかあんこを食べると良いでしょう。
その理由はアズキと餅は血を増やします。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.