40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

地震、台風と健康 2004.09.11

まだ残暑が残っていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
平成16年9月5日19時07分頃、紀伊半島南東沖(紀伊半島沖)でマグニチュード6.9、9月5日 23時57分 マグニチュード7.3の地震が発生しました。その後も余震が5日も続きました。
一方、台風18号が、今年になって7度目の上陸台風となりました。
その暴風による被害も甚大なものとなりました。
本当に今年は予測のつかない大変な年になりました。
9年前にはあの阪神淡路大震災がありました。
ちょうど今年と同じ五黄土星中宮の年で土の気が強いときです。
今年も土の気が強いので地震が起こりやすく、それを抑えるために風(木の気)が荒れ狂い、雨(水の気)が報復するのでしょうか。
東洋医学では土の気が水の気を抑え、それが過ぎると報復するといいます。
そして、木の気は土の気の行き過ぎを抑えます。

 

人間の体の中も胃(土の気)が強くなって暴れたり、腎(水の気)が不安定になったり、肝(木の気)に芯熱を持ったりして体調を壊される方が増えています。
例えば、胃の芯熱が口に上って口臭がきつくなり、舌に白苔が出来やすくなります。
さらに胃の芯熱が強くなると暴飲暴食をしてしまいます。
また、腎が不安定になると膀胱炎になったり、尿の出が多くなったり、悪くなったりします。
その上、タンパクや潜血が降りたりすることもあるでしょう。
肝に芯熱が入るとイライラしたり、だるくなったり、疲れやすく根気が続かなくなります。
風邪を引いたときも芯熱がすでに体内にあるためにこじれて長期化することもありえます。
こんなときには漢方薬で体内の芯熱を取ることが必要でしょう。
胃(土の気)がバランスを壊して消化能力を低下して、貧血気味になっている方を多く見つけます。だるい、物忘れが激しい、やる気がない、めまい、立ちくらみする、目の下に隈が出来るなどの症状は血虚の症状ですお気をつけください。
とにかく、今年は起こってきた現象にあわてるのではなく冷静に見極めて行動することが重要です。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.