40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

生活環境と病気 2003.11.08

気と生活環境や職場環境の間に因果関係があるという事をご存知ですか。
漢方薬を飲んでいても、なかなかすっきり治らない場合は生活環境などを見直してみる必要性があります。
例えば、膀胱炎がなかなか治らないと言う人が時々あると思います。
この場合、仕事が忙しくてトイレを我慢してしまうということで再発を繰り返すケースもあります。
しかし、気の巡りの悪く湿気や冷えが貯まりやすい家で生活している場合、そのような環境の職場で働いている場合に、膀胱炎を起こしやすくすることがあります。
膀胱炎は冷えによって起こることが多いのです。

 

現代医学的には膀胱炎は細菌感染を疑われますが、その中には細菌感染していない場合もあります。
つまり、東洋医学的に考えると冷えによって膀胱が弱り、抵抗力が衰え、膀胱炎になると考えます。
したがって、細菌感染していない膀胱炎があってもおかしくはありません。
漢方薬で腎系や膀胱系の働きを良くし、それらの冷えを取ることで膀胱炎が治癒するのです。
ただし、あまりに環境が悪いところで生活をしたり、仕事をしているとなかなか治りづらい事はあります。
そのような場合には生活環境の改善と体質改善を含めて指導することが必要になってきます。
同じ生活環境に暮らしても病気になりやすい人と、病気になりにくい人があります。
この場合は確実にその人の体質の差によって分かれるのでしょう。
ただし、あまりに健康に対して劣悪な環境の中にいれば、現在は発病していない人も時間の経過と共に徐々に健康を損ねていきます。
したがって、全ての人は生活環境や職場環境の影響から逃れることができないと言うことです。
東洋医学は生活環境なども含めて、健康を考えることの出来る医学と言うことです。
生活環境を含めて健康に不安のある方は是非ご相談ください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.