40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

風邪について

風邪と貧血 1998.1.16

大変寒くなってまいりましたが、皆様お元気でしょうか。

 

最近、風邪が流行しております。簡単な風邪の予防法として、

マスクは冷たい空気を通しませんので、ぜひカッコ悪いと言わずに使って下さい。

また、首筋の後ろを冷やさないようにマフラーも良いと思います。

 

さて話は変わりますが

平成9年の運気(平成十年の2月3日まで影響あり)のせいもあるのでしょうか、

脾の働きが随分低下しているようで、

消化器系の機能が落ちて、せっかく食べても栄養にならず、

まともで元気な血ができないようです。
そのため、貧血、亡血ぎみの方が増加しております。

 

しつこいようですが、米のご飯を必ず1日2回以上食べて下さい。
貧血状態が続くと、肝と子宮が弱りやすいのです。

なぜなら東洋医学では肝と子宮は血室といい血がたくさん必要な所だからです。

不妊症の方だけでなく女性は子宮の発育が悪くなったり、

内膜がうすくなったり、不正出血したり、立ちくらみ、頭がボーッとしたり、

記憶力が悪くなったり、イライラしてヒステリーぎみになったり、

手足があれたり風邪の治りが悪くのどが痛いなど、免疫力や粘膜が弱くなったりします。

少しでもご心配の方はお気軽にご相談願います。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.