40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

風邪について

夏かぜ引いていませんか 2006.08.19

毎日、暑いですね。今の季節はどこに行っても冷房がかかっているので、身体を冷やすことが多くなります。
外と屋内の温度差がかなりあります。そのため、身体の中もバランスが壊れます。
漢方薬の原典に傷寒雑病論に次のような条文があります。
「太陽病外証未除而数下之遂協熱而痢痢下不止心下痞硬表裏不解者桂枝人参湯主之」とあります。
その意味は「太陽病で外の証がまだ取りきれないうちに、たびたび下しをかけたために、中に熱が入って来たものと内の病的な熱とが一緒になって下痢してしまい、その下痢がとまらなくなって、心下が痞えて硬くなって、表証も裏証も解さないものは桂枝人参湯が主治します」ということです。
これは本来下すべきでなかったのに間違って下しをかけてしまったために身体の表面と内部のバランスを壊してしまったときに起こる症状と治す方法を解説しているのであります。
内部には冷えが残り、外部はむしろ熱を持っていることがあります。
外が熱っぽいので冷やしてやりたくなりますが、もしも間違って冷やそうとすると返って外は熱が出てきます。
このときは身体の中を少しずつ温めてやると発汗して熱が徐々に下がってきます。
風邪を引いて冷たいものを取りすぎると内部が冷えてなかなか熱が下がりにくくなった経験をお持ちの方があると思いますが、その原理がここにあります。
夏は暑いので、つい冷たいものを良くとります。
風邪気味のときに知らずに冷たいものを取ってこのような状態になって、みぞおちが痞えて食欲がなくなり、便もくだり気味になった場合はおかゆを食べて胃腸を温めてやると良いでしょう。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.