40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

冷えについて

今年の風邪は急激な冷えが原因 2010.10.30

急に寒波が来て、秋らしいすがすがしい季節を味わうまもなく冬が来たかというぐらい寒くなりましたが、いかがお過ごしですか。
皆様の周りで、風邪を引いている方は見えますか。
寒くなってきてから、風邪の相談が少しづつ増えてきました。
急に冷え込んだので、喉の症状が多く喉が痛い、痰がからむ、声ががらがらになったり、悪寒が強く暖房のそばにいても寒く感じるというような症状から始まる風邪が多いです。
風邪は通常は太陽膀胱経から風邪が進入して、少陽胆経に移ると言うパターンで進行していきます。
しかし、急激に冷えると身体の表面の防御が破られて、深いところにある少陰腎経まで病邪が進入して、発症することになります。
簡単に言いますと、身体の体表面(皮膚)から冷えが進入することを防ぐことが出来ず、かなり奥(腎)のほうまで冷えてしまって症状が出てくるので、少陰腎経が通っている喉の周囲に症状が強く出るのでしょう。
当然、風邪ですから発熱、悪寒、頭痛の症状は出ることがあります。
その他、身体の内部が冷えているので、眠い、だるい、代謝が落ちて不活発になります。
このような風邪は現在医学の風邪薬がなかなか効きにくくて困り、ご相談に来られることが良くあります。
外気温が急に冷え込むと東洋医学では「傷寒」という病にかかりやすくなります。
この「傷寒」が現代医学で言うところのインフルエンザのことです。
そろそろ三重県の四日市や鈴鹿でもインフルエンザの流行が始まりました。
風邪だけでなくインフルエンザも漢方薬がすばやくよく効きます。
漢方薬は冷えを温めながら治すので、身体に優しく効いてきます。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.