40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

不定愁訴について

何と無く体調が良くない 2013.12.22

ここ数か月のご相談の中に何と無く調子が悪くすっきりしないというご相談が増えています。
天候が不順で急に冷え込んだり、妙に昼間が暖かかったり、陽射しが強かったりして、体感温度の変化が激しいと身体の中の自律神経のバランスが大きく崩れやすくなります。
たとえば、めまい、ふらつき、動悸、胸の違和感、背中が張った感じ、肩甲骨の間のこり、胃の不調、腸にガスがたまる、耳鳴り、頭痛、頭重、肩こり、首筋のこり、何となくの不安感、イライラ、落ち着きがない、焦りなどの症状が幾つか重なって出ます。天候が不順なために冷えと熱が偏在し、上半身が熱っぽく下半身が冷えるという状態が起こりえます。
なかなか人に言っても理解されなくて悩んでいるケースが多いようです。
ここで相談をしてやっと分かってもらえたということをお聞きすると長い間悩んで苦しんでおられたと思います。
近年このようなご相談が増えている傾向はあります。
なぜ、不定愁訴が多くなって来たかという原因を考えてみました。
まず、体温が低い人が増えていますが、それは新陳代謝が低下しているということではないでしょうか。
体温が低いと自然治癒力も弱って風邪もひきやすくなり、外界の環境の変化にも対応できなくなって、体調を著しく悪くする可能性が高まるでしょう。
私の想像ですが、ますます自然界の環境の変化は激しくなると思われますので、十分に食養生をして無理を重ねることなく夜は出来れば早めに寝て疲労を回復することを心掛けて頂きたいと願っております。いつも私がくどいくらいに言っている日本人は日本食を中心にした生活を目指しましょう。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.