40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

不定愁訴について

運動と健康について 2010.09.25

今回は運動が健康を維持する上で大切なことだというお話です。
運動が健康に役立つということは十分ご存知のこととお思いますが、それでは運動していますかと問うと忙しいので出来ないとか何かしなければと思っているけど出来ないと言われます。
出来ない言い訳はたくさんありますが、結論から申しますとやる気があるかどうかということです。
毎日ご相談にのる患者さんのお話をお聞きしていて、運動不足になると足腰が弱り、果ては寝たきりの危険性まで出てくるという危惧をいだいて数年前より私も運動を始めました。
運動の効用としてよく言われるのが筋肉を収縮させることによって、筋肉の血流が良くなり熱が産生され体温が上昇するということです。
運動によって血行を良くするということは冷え性の改善にも貢献します。
さらに老化による筋力の低下を遅らせ足腰が弱るのを防ぐことが期待できます。
筋力が低下すると骨も弱くなると思います。
なぜなら、宇宙飛行士は無重力の環境に長時間いる間に筋肉量がどんどん減少して骨粗鬆症になります。
運動生理学専攻の森谷京都大学教授の研究によるとインスリン標的臓器の中で最大の血糖取り込み器官は骨格筋であり、全体の約70%を占めるそうです。
骨格筋を働かせることによって糖分を消費して、血糖値が低下する。
宇宙飛行士は無重力状態にいるのでほとんど骨格筋に負荷がかからない。
そのために運動不足のような状態が続き、骨格筋が糖分を消費することが出来ません。
したがって、宇宙飛行士は血糖値が上昇しやすくなり、糖尿病になる危険性が高まります。
我々も適度な運動をしないと糖尿病になる可能性が高くなるということを考慮する必要があります。
運動不足の方は漢方薬で糖尿病を予防する可能性もありますので、ご相談をください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.