40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

2014年の今年の運気 2014.02.01

今年はおそくなってしまいましたが、運気について考えてみたいと思います。
いよいよインフルエンザが流行し始めまて、相変わらずノロウイルスは猛威を振るっています。
さて、今年の運気は土運大過、少陰司天、陽明在泉、四緑木星中宮、甲午(きのえうま)年、という年回りになります。
東洋医学の黄帝内経運気という本によると湿雨がほしいままに行き渡り、自然界では水気が侵され、人体では腎臓が病邪を受け、人々腹が痛み、手足が冷えあがり、気持ちが鬱とおしく、体がだるく、胸苦しい症状を起こしやすいのです。
この時天空では土星が輝いて、土気が強いことを表しています。
甚だしくなると、肌肉が萎え、足も萎えてぶらぶらとなり、動くと痙攣をおこし足が痛み、飲んだ水のために腹がってつまり、食欲がなく、手足が不自由になるというような脾臓が自ら病む症状になります。
病人は腹が一杯になり、泥水のような下痢をし、腹が鳴ります。このように反対に脾臓が病んだ症状を起こします。
自然界では夏の化成の働きばかりが盛んになって、冬の蟄蔵のはたらきが不足しますので、植物は実っても、種を結べない状態となります。
水があふれるため新しい泉が湧き出でて河川が氾濫し、乾いた沢も水がいっぱいになって魚が泳ぎ回るほどになります。
考えられる自然災害としては、昨年のハリケーン、台風、竜巻、突風などの「風」の被害がさらに拡大し、突風には注意が必要です。
風邪が荒れ狂うので、飛行機には気をつけられると良いでしょう。
このところ、天候の異常な状態があたりまえになって、一日の寒暖の差が激しかったり、環境破壊の影響は「風」に関連して、たとえばPM2.5のような被害をひどくなるかもしれません。
マスクを欠かさずに気管支系を守る必要があるでしょう。
中国では春節が1月31日となり、この時に爆竹を鳴らしたり、花火を上げたりする伝統があります。
さらに大気汚染をひどくする可能性がありますので十分にご注意ください。
そして、偏西風の関係で黄砂やPM2.5がこれから本格化しそうな季節になります。
残念ながら現在のところ自分の体は自分で守るしかありません。
対策としては、N95またはN100のマスクをつけて外出し、屋内では空気清浄器を利用されることをお勧めします。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 営業日:水曜日・金曜日・土曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.