40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

汗で困っていませんか 2008.06.21

立夏を過ぎて、1ヶ月以上たち6月になって段々暑くなってきました。
これからは良く汗をかく季節になります。
制汗剤のコマーシャルがテレビによく登場しますが、汗で困ったことがありませんか?
さらっとした汗であれば、そんなに気にならないでしょうが、べたべたした汗をかくと下着や衣服が肌にまとわりついて何とも気持ちが悪く感じます。
そのうえ、汗の臭いが気になったり、汗ジミが気になりませんか?
さらっとした汗はしみになりにくく、臭いも気になりませんが、べたっとした汗はしみにもなりやすく、臭いも強くなります。
腋臭まで行かなくても、汗の臭いが気になる方が意外に多いと思います。
汗を止め、臭いを消す「エイト○○○」などの製品が夏場になると結構売れています。
べたべたとした汗をかく人の中に下着が黄ばむようなことがあると思います。
そのほかに、疲れが取れにくい、だるさを良く感じる、膝から下が重く感じる、
膝から下がむくみやすい、夏になってよく汗をかく季節になると皮膚に赤いぶつができる、アセモができやすい、寝汗を良くかく、汗をかいた後に肌がかゆいなどの症状のいくつか心当たりがある人は東洋医学でいうところの「黄汗の病」である可能性があります。
いつも夏になると肌がかゆくて、疲れやすく、夏ばて気味になる人はこの傾向があると考えられます。
「黄汗の病」は胃腸が弱っている場合に起きやすく、暑くなってついつい冷たいものをとりすぎたり、暑さで胃腸が弱るということもあって、夏場にかかりやすく秋になってもその症状が続いていることもあります。
暑くて食欲がないときでも、おかずは減らしてご飯だけはしっかり食べることで胃腸の機能低下を予防してください。
「黄汗の病」は夏ばてとも関係があります。
去年の夏はかなり暑かったですが、今年もきっと相当暑いと予想されます。
夏ばてしやすい人は上記の注意を守って、夏を乗り越えてください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.