40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

妊娠と薬剤の危険性 2000.6.20

最近良くご質問頂くのは妊娠に服用した薬の危険性についてです。
もちろんお薬によって危険度は異なります。
それに妊娠中に使用すると胎児に奇形や異常を引き起こすような薬剤はそう多 くはありません。

 

しかし、妊娠可能な年齢の女性は気をつけた方が良いと思います。

それから、服用時期によって危険度は異なりますので必要以上に神経質になる ことはありません。
最終月経日から27日目までは無影響期、28日目から50日までは絶対過敏 期、

51日から84日は相対過敏期、85日から112日目までは比較過敏期となっております。
つまり、28日目から50日目までが一番注意する必要ありと考えられていま す。
ただし、例えば27日と28日では1日しか違わず胎児の発育には個体差があ り、

必ずしも全ての場合に当てはまるとは考えられない。
絶対的に大丈夫と言う保証はありませんが一つも目安として考えられたら如何 でしょう。

 

この危険度の判定法は虎ノ門病院の佐藤孝道先生、

加藤弘道先生らによって執 筆された「妊娠と薬」薬業時報社を参考にさせて頂きました。
やはり安全と言われてもなかなか安心できないのが人情でしょう。

私がご指導させて頂いている妊婦さん達は日頃から健康維持の漢方薬を飲んで います。
風邪を引いたり体調を壊した時は出来るだけ漢方薬で自然に治るようにご指導 しています。
出来れば妊娠する希望して女性はその前から健康に気を付け病気にならない体になることが一番ではないでしょうか。
頭痛持ち、風邪を引きやすい、アレルギー体質、胃腸が弱い、便秘など

ついお 薬を飲みたくなるような持病をお持ちの方早めに治しておいてください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業日:水曜日・金曜日・土曜日 営業時間:9:00~16:00新規のご相談予約:10:00~15:00
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.