40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

アレルギーについて

気温差アレルギーをご存知ですか 2011.12.03

日本気象協会は10月12日に2012年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)飛散予測を発表しました。
2012年春の花粉の飛散数は、今年の春に比べると少ないが、「例年に比べると」多くの地域で同じかやや多い見込みであると言うことです。
日本気象協会では1987年より花粉飛散予測と情報提供をおこなっており、長年の観測値から近年の花粉飛散数を分析しているが、中期的には増加傾向にあるそうです。
今から花粉症の対策をしておかないと来年になって症状が出てからあわてて始めても治るのに時間がかかります。
出来れば早めに体質改善をしておけば来年の花粉症の症状が相当楽になります。
昨今は花粉症だけでなく色々なアレルギー体質の患者さんが増えてきました。
先日のニュースでも気温差アレルギーという話題を聞きました。
私が初めてご相談にのった方は冷えが原因で鼻水が止まらないと状態でした。以前医師に相談したら、完治することはないと言われたそうです。
アレルギー体質の人はからだが冷えているので、その冷えを温めるようにしていけば改善すると思います。
当店では漢方薬で体温を上げて行くと症状が次第に改善していきます。
気温差アレルギーの人も腎の冷えが原因で症状が出ていたので、そこを温める漢方薬を飲んで数分で改善し始め、かなり驚かれていました。
寒冷ジンマシンと言うのは昔からありますが、私が考えるにそれは胃腸が冷えて皮膚温が急に冷えて起こる症状です。
寒冷ジンマシンの患者さんの症状を比較的に早く改善したことがあります。
このように冷えというのは色々な病気を引き起こす原因となることがよくあります。
日常生活の中で冷たいものや体を冷やす働きのあるものを飲食したりすることが多いとすぐには症状がでてこなくても数年以上経って出てくるケースがありますので、ご用心ください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.