40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

熱中症について

これから熱中症対策が必要です 2014.07.21

他人事と思っておられる人が多いかもしれませんが、熱中症は誰でもなる可能性があります。
熱中症は程度によって下記のような症状を呈します。
熱中症の中等度の状態の症状は喉が良く渇く、冷たいものが欲しい、めまい、頭痛、頭重、気力の低下、疲労感、虚脱感、足のケイレン、食欲不振、肩こり、背中のこり、吐気、嘔吐、失神(日射病など)などの症状がいくつか重なって起こることがある。
さらに重症度になると意識障害、過呼吸、ショック症状、不自然な言動などが中等度の症状に重なって起こる。
今年のように蒸し暑いと気温が30℃以下でも熱中症になるでしょう。
かくいう私も5月の暑いときに熱中症になりかけました。その時の気温は確か26℃ぐらいでした。
ちょうど車を運転しているときに身体がだるくなり、頭が重く、眠気が来て運転することが危ないので、車を止めてなぜこうなったか考えてみたら、熱中症になっていると気づきました。
さっそく、熱中症の漢方薬を飲んだら、5分以内に頭がすっきりして、身体もだるさが取れて眠気も取れてしまいました。
こんな気温で熱中症になると夢にも思わなかったので、始めは何が自分の身体に起こったのか理解できませんでした。
どうも、今年は今までの常識で推し量れないような事態が起こるような気がします。
去年までの常識で判断しても、理解できないようなことが起こっています。
身体が熱っぽくて、喉がやたら渇きたくさん水分を飲み、頭がのぼせたような、重いような感じがしたら、熱中症を疑ったほうが良いと思います。
水分をうまく摂取することと塩分も適度に補給することが大切です。
お天気の良い日だけでなく、曇りがちの日でも紫外線は降り注がれていますので、同じように熱中症対策が必要です。
UV100%カットの日傘と帽子と出来ればサングラスがあると良いと思います。
日焼けをするだけで、かなり体力が奪われることがあります。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 営業日:水曜日・金曜日・土曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.