40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

熱中症について

「熱中症は人事ではない! 2010.08.28

熱中症はなどで取り上げられているので、皆様はご存知だと思います。
しかし、どうも人事だと考えていることが多い気がします。
高齢者だけが注意する問題ではありません。
毎日、店頭に来られる方の半数近くは中等度の熱中症を体験しておられます。
ご本人は体験しながらも熱中症になっていると言うことをご理解されていません。
熱中症は身体の中に熱がたまってしまい、なかなか熱が出て行かないので、ちょうど風邪を引いて風邪の症状は消えたけど身体はだるくて胃も重く食欲も低下しているような状態に似ています。
熱中症が治りきらずに長引くと食欲不振、倦怠感が続く、身体に熱感がある、のどが渇く、咳が治りづらい、下痢をする、夜に熟睡できないなどの不快な症状が取れないと思います。
以上のような症状がご自分に思い当たる方は意外に多いかもしれません。
先日のニュースでは10月までこの暑さが続くのではないかと予想されていました。
今年の夏の暑さは今まで経験では考えられないほどの暑さですから、冷房は賢く使って、熱中症を予防しないととても10月まで身体が持たないでしょう。
冷房嫌いの方も今までの経験で判断しないで、まったく違う気候になっていると考えるべきでしょう。
残念ながら、かなりの高齢の人でもかつて経験したことが無いほどの気候です。
熱中症予防には麦茶に少量の塩をいれたものがお勧めです。何故ならミネラルも多く等分は入っていないので、ペットボトル症候群になる心配も要りません。
麦茶は皮膚を冷やす働きがあるので、飲むと身体が涼しく感じるでしょう。
ただし、気温が涼しくなったときには麦茶を毎日飲み続けるのは合わないと思います。
まだまだ暑い日が続くと思いますが、お体には十分に気をつけて健康にお過ごしください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.