40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

妊娠中期で子宮口が開く 2005.12.09

当地でも急に冷えてきましたが皆様はいかがお過ごしですか.
今年は例年に比べて特に冷えを感じ易いことにお気づきでしょうか.
その理由は金運不及という今年の運気に関係があると考えます.
つまり,金運不及のため肺や皮膚,大腸が弱っているので,外の環境に対しての守りが弱く,寒に侵され易いということになります.
したがって,少し寒いけど,このぐらいは大丈夫と思ったときでも用心して,防寒を考えるべきでしょう.
 今回は妊娠中のトラブルについて考えてみたいと思います。
妊娠6,7ヶ月ぐらいで,子宮口が開いて早産の可能性とか,前置胎盤を指摘されてご心配をされて,ご相談をお受けすることがあります.
 漢方の原典の傷寒雑病論に次のように書かれています.
「婦人懐妊六七月脈弦発熱其胎愈張腹悪寒者少腹如扇所以然者子臓開故也」
その意味は「婦人が妊娠をして六,七ヶ月たって,脈が弓の弦ようにピーンとはって発熱し,その腹はいよいよ大きくなって.腹痛,悪寒のあるものは,下腹部が扇であおがれるように冷える,それは子宮が冷えて,開いているからである」ということです.
ここで「発熱」という言葉が出てきますが,必ずしも発熱するとは限りません.
人間は陰と陽のバランスを保つために,何処かが冷えると何処かに熱を持ってバランスを取ろうとします.
強烈な寒を受けてインフルエンザになったのに,発熱はそれに対抗するがごとくに40度を超えるように発熱をします.
さて,臨月でもないのに,時期を早くして子宮口が開くのは子宮が冷えていることが原因であると傷寒雑病論に書かれています.
ただし,臨月が近づいて子宮口が開くのは正しいことですから,その点は誤解のないようにお願いします.
きっと,このようなトラブルを指摘された妊婦さんはご自分の下腹に手を当てて冷たいと感じると思います.
そういう時は冷たいもの,果物,生もの,大量の唐辛子,酸っぱいドレシング,ヨーグルトなどを出来るだけ控えたほうが良いでしょう.
漢方薬で子宮を温めることによって,このようなトラブルを予防や治療も可能です.
ここで,体を冷やす食品に“唐辛子”が入っていることを疑問に感じませんか?これに関しては,次回にご説明します.

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.