40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

花粉症について

ヒノキの花粉がすごい 2011.04.23

ヒノキの花粉症も今年はひどそうですが、皆様はいかがですか。
4月になってから、ヒノキの花粉症が増えてきました。
昨年まではヒノキの花粉に反応しなかった人まで強い症状が出て困っておられる方が増えています。
今年は下半身が冷えて、むくんだり、足腰が弱って症状を出すことが多いのですが、上半身に熱がこもることも増えています。
そのためでしょうか、花粉症もヒノキになってから鼻に熱を持っている人が増えています。
熱がひどいと鼻がつまって膿が作られて蓄膿症のようになる人も出てきています。
もっと熱がこもって鼻血が出てきたという人もいます。
私見ではありますが、今年の傾向として下半身は冷えて、上半身は熱を持つというアンバランスな状態の人が多くなるでしょう。
最近、相談に来られた患者さんで、胸のあたりは重かったり、その裏の背中側に何かでフタをされたような、肩甲骨の間に違和感があってこったような重苦しい不快な症状があると訴えておられました。
このような症状を持っている人は意外に多いのかも知れません。
陰と陽のバランスを壊している状態のときに現れる症状です。
背中がこっているのがすっきりしないなと思うことは良くありませんか。
花粉症の患者さんの中にも良くあることだと思います。
陰陽のバランスが悪い状態が長く続くと自律神経失調症になりやすっくなります。
自律神経失調症の患者さんが昔に比べれば格段に増えているのではないでしょうか。
このような症状がなかなか取れないときは是非ご相談ください。
漢方薬で意外に早く解決します。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.