40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

インフルエンザについて

インフルエンザの予防法 1998.3.12

1月下旬よりインフルエンザが猛威をふるっています。読者の皆様はお元気ですか。

今年は火運太過という運気で、肺、気管支系や大腸が大変弱りやすい年になります。

さらに血に熱が入りやすいので、風邪の熱も高温になり40度近くになることが多いでしょう。

 

一口に風邪と言いますが、西洋医学的には普通感冒、咽頭炎、咽頭結膜炎、

インフルエンザなどに分類します。

インフルエンザとは発熱を伴う急性ウィルス性呼吸器疾患です。

通常はは冬に流行します。重症例では虚脱、出血性気管支炎、肺炎、時には死に至る病です。

 

ではどうやって予防したらよいかといいますとまず手洗い、うがいの励行、マスクの使用が有効でしょう。
東洋医学的に考えますと、首の後ろ“風池”と“風府”と言われるツボがあり、

ここから風邪が入ります。そこで首まわりを冷やさないようスカーフ、マフラーをすると良いでしょう。

その上、今年のカゼは胃腸にも影響が出て吐いたり、下したりとひどい状態になります。

特に高熱が出た時には牛黄という生薬が素晴らしい神効を表します。
ぜひご相談下さい。妊娠していても安心です。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.