40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

不妊症について

不妊と漢方薬 1997.7.22

最近、また朗報が入ってきました。今年に入って妊娠された方はもう数十名になります。

三日前にご連絡頂いた方は、結婚約十年。

その間子宮内膜症にかかったりして人工受精、体外受精と

いろいろと西洋医学的には手を尽くしたそうです。

 

しかしなかなか妊娠できなくて当店へご相談にこられました。

体は比較的元気でとても弱いとは思えないのに何故、妊娠できないのか、

とお困りでしたが私の説明を十分に聞いて頂き安心され、

根気よく漢方薬を飲み養生をして頂きました。

このように病院で検査をしても不妊の原因がはっきりしないが妊娠しない、

という方がけっこう増えておられます。

最近増えている不妊症のなかでも、

原因不明の方も相当多いのではないでしょうか。

 

この方の場合、東洋医学的に考えれば原因が下半身の冷え、

特に子宮が冷えておられました。

 

ご本人は冷えの自覚は全くなく、ただ右肩こり、疲れやすい、

花粉症、高温期が続かないなどから判断して子宮が冷えていると思い、

温める漢方薬とアミノ酸製剤で成功しました。

 

お悩みの方は是非ご相談下さい。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.