40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

不定愁訴について

今年は具合が悪いという人が多い 2009.06.06

今年になってから、症状がひどくなったとか、しばらく治まっていた症状がひどくなって再発したということでご相談に来る方が増えています。
天候が不順なのが人間の体に何らかの影響を与えているのかもしれません。
今年の運気が土運不及という運気で、脾(膵臓を含む消化器系)が弱りやすく
身体のバランスをとることができなくなっているのでしょうか。
アトピーや湿疹の症状が今年になって、急に悪化したとか急にリュウマチが出たという人もいました。
日本人の生活環境も大きく変わり、食生活も昔とは変わってきてしまったので、身体にその変化のしわ寄せが出てきているのではないかと心配しております。
たとえば、夜遅くまで起きているということだけでも肝臓が疲れます。
テレビやコンピューターを長時間見続けることによって、目が疲れそれが神経を疲れさせ、循環器系にまで悪い影響を与える可能性があります。
何故なら、東洋医学では「久視心傷」と言って、長い間見つめ続けると心(循環器系も含む)を弱らせるという意味です。
東洋医学の「心」は循環器系だけでなく精神も含むのです。
今、多くなっている精神的な病気もこれらが影響している可能性があると思います。
食事も日本人本来のご飯を中心にした食生活から大きく外れた食事になっています。
米を食べることによって、脾を養うことが出来て食べものを消化しやすくします。
しかし、残念なことに、今では主食であるご飯よりおかずが多くなっています。
食べたら必ず消化するとは限りません。
消化できなければ、胃腸の負担になります。
それが原因で皮膚に症状を出すことになっているケースが意外に多いと考えられる。
当店では漢方薬のみでなく、食事の指導も行っています。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.