40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

天候の不順と腎虚 2014.05.20

暦の上では立夏(5月5日)が過ぎて夏になりましたが、未だに朝晩は少し寒く感じるときがあります。
津市周辺の患者さんに聞くと朝晩はストーブを炊く時もあるとか、冬の服を仕舞えずに時々着ることがあるなどの話が出てきます。
例年では考えられない、気温の変化がありそのためお身体が冷えて、手足が痛い、関節に痛みがあるとか、足首が冷えるなどの症状を訴える方が増えています。
これは気温の変調のせいだけでなく、今年の運気が土運大過の影響下にあるためと考えられます。
土運大過の年には脾胃が強まり、食い意地が張って食べ過ぎ胃に熱を持って胃もたれします。
さらに脾胃が強くなりすぎると腎が押さえつけられて、腎虚の症状が表れてきます。
腎虚には次のような症状があります。
たとえば耳鳴り、聴力の低下、脱毛、めまい、白髪進行、歯のぐらつき、足腰の弱り、尿が近い、関節痛、肩こり、腰痛、背筋痛、物忘れ、脱力感、不安感、不眠、喉の渇き、免疫力低下、手の平足の裏のほてり等、足の浮腫み、足のしびれ、生理不順、不妊、流産、永久歯が生えない、若白髪、精力減退などです。
最近になってこれらの症状が強くなったり、新たに出始めた方はご注意ください。
足腰が弱っているので、思わぬところでケガをする人が増えています。
腎虚は今年の運気の影響ですから、高齢の方だけでなく子供でも例外なく影響は出ています。
現代のお子様は骨が意外に弱いので、骨折もしやすいと考えられます。
整形外科の医療従事者の方にお聞きしたところ今年のゴールデンウィークにも中高生の患者が意外に多く忙しかったそうです。
腎虚は老化現象の表れだからしょうがないとあきらめずに良く歩いて足腰を鍛えるとか、腎を助ける漢方薬を飲むとか、腎を助ける食品を食べましょう。
腎を助ける食品はドジョウ、クルミ、ギンナン、シナモン、海藻、黒豆、黒ゴマ、クコの実、キクラゲ、豚肉、スッポン、ウナギ等です。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.