40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

咳について

しつこい咳について 2006.01.07

今年の運気そのままの大寒波が来ています.
すこし気が早いのですが,早く春が来ないかと待ち遠しいです.
急に冷え込んだせいか,近頃流行っている風邪は咳がしつこいようですね.
皆様の周りの人は咳が残る風邪を引いていませんか?
体力のない方は体の芯まで冷えてしまいますが,体力のある方は外部が冷えると体内に芯熱がこもってしまいます.
昨年一年の運気が金運不及で肺や気管支が弱っていたので,肺の気の巡りが悪くそこに芯熱がこもり易いのでしょう.
漢方の原典の傷寒雑病論に次のような文章があります.
「傷寒十余日熱結在裏復往来寒熱者与柴胡剤但結胸無大熱者此為水結在胸也但頭微汗出者」この意味は「傷寒にかかって十数日たって,熱が裏に結ぼれて中の熱によって,その上に往来寒熱を起こす者には柴胡剤をあたえなさい.
熱が裏に結ばれて中の熱によって,ただ結胸して身体の表面に大熱のないものは,水が結ぼれて胸や脇腹にあるのであって,胸脇が苦しくなるのではないかと思われる.この場合に中に熱が結ばれて頭からだけ少しく汗の出るものには結胸の漢方薬を使います」ということです.
身体の中でも半表半裏に逃げ込んだ人は胃とか肝に芯熱が溜まります.
その芯熱を取るためには柴胡剤が良いかと思います.
柴胡剤には色々ありますが,例えば小柴胡湯,柴胡桂枝湯,大柴胡湯,四逆散などがあります.
小柴胡湯の症で目標とするのは口苦,咽乾,目眩(めまい)といわれますが,風邪がすっきり治りきらなくて耳の痛み,難聴,メニエール様の症状,耳鳴りなどが現れることがあります.
身体の中の胸つまり肺の中に熱が入りこんで固まった場合は「結胸」という状態になる.
この肺の芯熱を取る漢方薬は結胸を治す薬ということです.
昨年の12月に入ってから,急な寒波のために体表が冷え,内部に熱がどんどん逃げ込み肺の中に入った方が増えております.
なかなか,咳がしつこく残りお困りの方は是非ご相談ください.

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.