40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

冷えについて

子宮筋腫と不妊 1997.6.20

読者の皆様お元気ですか?

また最近、胃腸の具合が悪い、何となくだるい、という方が増えています。

今年は、木運太過の年で、消化器が弱りやすいので、食べ過ぎに注意しましょう。

 

さて、最近若い女性の子宮筋腫が増えているようです。

子宮筋腫は無症状が多く、たまたま婦人科の検診で見つかることが多いのです。

 

今まで生理出血が少なかったのに急に出血が増えてきた、

レバーのような血のかたまりが多くなった、就寝時にもたくさん出血するなど、

心当たりの方はご注意下さい。

 

月経出血の増加は貧血をおこします。

最近めまいがするとか、階段の昇り降りで動悸ががする、

また、下まぶたをめくってみて粘膜の色がピンクから白っぽければ筋腫があるのでは、

と疑ってみる必要があります。

ただし、子宮筋腫は必ずしも全摘手術ということもなく、

卵巣ホルモンの分泌を抑えて一時的に閉経期に近い状態にする治療もあります。

 

また、漢方薬でも筋腫をどんどん小さくして消してゆくことも、

不妊症の治療と並行してゆくことができますのでぜひご相談下さい。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.