40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

アンチエイジングについて

体温は36,5度以上ですか 2015.02.28

皆様の平常時の体温は何度℃ですか。
年々、着実に36℃以下の低体温の方が増えています。
体温は36.5℃から37.2℃ぐらいが健康状態ということをご存知ですか。
元気の良い子や特に元気な大人は平熱で37℃ぐらいあります。
ところがそれとは全く反対に平熱が34℃台という人もたまにおられます。
身体が冷えていることにあまり危機感がないのが、大変心配です。
体温が低いということは新陳代謝が通常より低下して免疫力も弱まり、いろいろな病気や感染症にかかりやすくなっているということになります。
当然、風邪やインフルエンザにもかかりやすく、治りづらいようです。
お身体が冷えていると次のような症状が出てきます。
昼間眠気が出てくる、倦怠感、下痢をしやすい、風邪をひきやすい、寝起きが悪い、生理痛、頭痛、肩こり、五十肩、腰痛、夜間に頻尿、寝つきが悪いなど数えきれない症状と冷えが関係します。
身体が冷えているということは腎の働きも低下する。
腎の働きの低下は老化現象を促進することになり、例えば前立腺が膨張する、白髪が増える、老眼が進む、白内障になる、耳が遠くなる、骨粗しょう症になるなどが出てきます。
まさか早く老化したいと願う人はいないと思いますが、知らないうちに老けていき気づかないでいる場合もあるでしょう。
もしも、老化がどんどん進んでいくと分かっていたら冷えを治したいと思いませんか。
アンチエイジングがブームになっている現代人が相当に関心はあるはずです。
本当に自分の若返りが叶うことなら、誰でも望むところでしょう。
これからは低体温をほっておかないで、確実に治しましょう。
究極の健康を取り戻しましょう。皆様が元気になれるように私はお手伝いをしたいと思っております。
特にお子様の体温が低い方は、なるべく早めにご相談ください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.