40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

不妊症について

冷房と不妊症 2005.07.30

毎日暑いですが,読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか.
梅雨も終わり,いよいよ本格的な夏が来ました.
そこで,問題は冷房による冷えが身体に応えてくるということです.
冷房による冷えというのは,最近のことだけでなく場合によっては何十年も前の冷房による冷えが身体に影響を大きく与えていることがあります.
今は冷房が嫌いなのであまり使っていないという方が数年から数十年前に職場で冷房が強くかかっていたという場合でも身体に突然影響を与えだすことがあります.
色々と不妊症で漢方薬を飲み身体を温めてきたが,今ひとつすっきりと冷えが取れないという方や生理痛がひどく漢方薬を飲んでもやはり完全に治りきらないという方もこの冷房の害を考えてください.
冷房に対する漢方薬をお飲みいただくことによって,完全に症状が改善されたことがございます.

不妊症というとつい「当帰芍薬散」という漢方薬が皆様の頭に浮かぶと思いますが,不妊症にもいろんな漢方薬を使います.
私が今までご指導してきて思うのですが,1人の患者さんを治すのに一つの漢方薬だけで治った例は少ないです.
多い方は10種類ぐらいの漢方薬を代えて,ご指導したこともあります.
したがって,生活状態や体質に合わせて漢方薬を考える必要があるでしょう.
冷房の冷えでよく起こる症状は次のようなものがあります.
昼間に眠たい.午前中に下痢(または軟便)をし易い.めまいがする.平行感覚が鈍るのでふらつく.まっすぐに歩いているつもりが実際は曲がっていってしまう.身体がだるい.ひどい寒気がする.頭痛がするなどです.
このような症状は他の原因でも起こることもございますが,東洋医学的には不妊症の原因の一つとして考える必要があると思います.
冷房の全てを否定するのではなく賢く使うべきでしょう.
冷風はたとえ微風でも直接肌にあたらないほうがいいと思います。
冷房の強い風が当たっている場合は皮膚の表面など比較的浅いところが冷えるのですが,冷房の微風が直接肌に長時間当たっているとかなり深いところまで冷える可能性がございます.
女性が特に注意するべきは頭の天辺に近いところにある「百会」というツボのところを冷やすと子宮にまで冷えが及びます

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.