40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

ストレス

「ストレスと睡眠の関係」

常々ストレスを受けておりますと身体が緊張して寝つきが悪くなったり、睡眠が浅くなったりします。皆様やご家族の方は大丈夫ですか?

 

 

睡眠は時間の長さだけではなく深さが浅いと質の悪い睡眠ということになります。せっかく長い時間寝ても疲れがあまり取れなくて疲れが残ることになります。睡眠が十分に取れないと肝臓が弱ってきたりします。
更に精神的な疲労が取れないで蓄積するとマイナス思考になりがちで前向きな考えが出来にくくなります。そういう状態が続くとうつ傾向が出て来てしまいます。

 

一旦、うつ病になるとなかなか回復が悪く長年悩んでいる方が増えています。現代では心療内科の病院は増えてきましたが、どこも大変込み合っているそうです。 周りに神経を使う方は寝つきが悪く寝るのが遅くなり、睡眠の質も悪く浅い眠りになり悪循環に陥るでしょう。更にひどくなると昼夜逆転の生活になると更に困ったことになります。

 

最近のご相談の中に精神的なことが原因の色々な病気が増えています。世の中が不安定で不安を抱えることが増えていますもので、ストレスを解消することが難しいのでしょうか?ネット社会が進んで情報があふれてくると逆に情報が多すぎてその情報を処理することが出来なくなり不安を増強することになりました。 SNSで人との繋がりも複雑化して即時性によって生活のペースが速くなりすぎ人間がついていけなくなったのもストレスの増加に関係してきていると思います。

 

スマホが普及して眼も疲れやすくなり、ゲームをしたりして長時間スマホ画面を見ていると精神的にもすごく疲れます。実は私もストレスが強くなりがちで睡眠が浅くなり寝起きがあまりすっきりしないときがありました。
最近は話題のラクトフェリンを飲み始めたら熟睡できるようになったので、疲れが取れやすくなったのかすっきり起きられ頭がさえています。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 営業日:水曜日・金曜日・土曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.