40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

今年は肝臓が疲れている人が多い

最近、疲れが取れなくなんとなく体調の優れないとご相談を受けることが増えています。
風邪をひいても治りづらくバランスを壊してすっきりしないと困っている方の話をお聞きしてみると疲れが残る、ソファーで横になりたくなる、うたた寝してしまう、立ち上がる時に「よっこらしょ」と言ってから立ち上がる、体に力が入りにくい、目に力がなくボーとする、ため息を良くする、やる気がない、良くイライラする、根気が続かないなどの症状などのお話をよく聞きます。
これは肝臓が疲れてきていると思いますので、肝臓を補う漢方薬やアミノ酸製剤などをお勧めします。
肝臓が疲れると目や筋肉も弱りやすくなり、果ては骨や関節にも支障が出るでしょう。
時に高齢の方は気を付けて頂きたいと思います。
適度の運動と良質なたんぱく質を食べるように心がけて頂きたいです。
厚生省が最近になってロコモティブシンドロームの認知度を上げようとしています。
運動器に障害が生じたことで、移動機能が低下した状態をロコモティブシンドロームと呼びます。
とくに女性や肥満の人はロコモティブシンドロームになりやすいことが知られています。  
つまり、筋肉がどんどん衰えていくと寝たきりが心配になります。 
東洋医学的に考えると筋肉は肝臓によって養われています。
肝臓が弱ることによって筋力の低下が進み関節にトラブルを起こし易くなり、さらに運動しなくなり、寝たきりの人が増えることになります。
関節に痛みがあったり、曲がりにくいので正座の出来ない方がすごく増えて来てますね。
お寺で法事がある時に組み立て椅子が用意されているのを気付いておられますか?
これからはますます肝臓と筋肉に注目していただきたいです。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業日:水曜日・金曜日・土曜日 営業時間:9:00~16:00新規のご相談予約:10:00~15:00
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.