40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

肩こり・腰痛・肩痛・神経痛について

今年の冬は腰痛、股関節の痛み、肩の痛みが多い  2012.02.11

昨年末から今年にかけて寒波がどんどん厳しくなりました。
私も長年漢方相談をしてきましたが、これほど患者さんの身体の冷えるのを経験した事がありません。
例年の冬とは格段の差があるような気がします。
最近の傾向として突然冷えの症状がきつく出てくることが良くあります。
皆様の中にも急に腰が痛くなったり、股関節、足、腕、肩などの関節が痛くなったり、胸のあたりや背中が痛くなったという方はいませんか。
尿が近くなったり、便通がスッキリしないとか、咳が治りづらい、鼻が出る、鼻がつまる、胃腸の具合が悪いなどの冷えの症状が出やすくなっています。
循環器系の冷えの影響を受けて血流が悪くなるので、心臓の調子も悪くなったり、脳血管障害の危険性も高まります。
とにかくお身体を冷やさないように注意してください。
寝ている間に冷えることがあるので、使い捨てカイロ、湯たんぽ、足温器なども利用してください。
食事も出来るだけ温かいものを取ることをおすすめします。
鍋物が体を温めることはご存知でしょうが、味噌鍋がさらに温める力が強いと思います。
普段から冷えやすい人や高齢者は特に果物や生野菜などの冷えるものは控えるようにして欲しいです。
今年に入って高齢者が冷えによって腰痛などの症状が出てご相談いただくことが急に増加してきました。
今までにはないほどひどい症状がでたと訴える方が多いです。
寒い日は外出するときにマスクをすることをお薦めします。
冷たい空気を吸い込むだけで肺、心臓、胃腸まで冷えるようです。
世間ではマスクは風邪の予防という概念がありますが、冷たい空気直接吸い込まないので、体の中を冷やすことを防げます。
防寒の便利な方法と考えてください。
それから、お風呂に塩を大さじ山盛り一杯入れて入ると真まで温まります。
血流を良くして体を温めるためにはラジオ体操もお薦めします。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.