40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

インフルエンザについて

インフルエンザを避ける方法 2013.11.24

ご当地の三重県でもインフルエンザが流行り始めました。
最近の天候の不順と大気汚染(PM2.5)で体調を壊している患者さんが増えています。
きっと皆様の周りの人の中にも風邪がなかなか治らず咳が止まらずに困っているというお話を聞いておられることでしょう。
朝夕と昼間の温度差が大きく皮膚表面が冷えて発散が悪くなり、芯熱が内部にこもり食欲が減退したり、口がまずくなったり、
口の内部がかわいたり、咳が奥の方から出てくるのでゴホッゴホッゴホッと続けざまに出て息苦しそうになる、黄色い痰が出る、
鼻が詰まる、鼻水が止まらない、喉が痛いなどの症状がいくつか当てはまる人は、肺とか胃に熱を持っている可能性があります。
このような状態はなかなか治りづらく結構長引きます。
長い時間話をしたり、長電話をしていると咳き込むという人も肺に熱がこもっていると思われます。
高齢者は風邪から肺炎になる可能性がありますから、風邪ぐらいと侮らずに養生して早く治すようにしてください。
若い人でも風邪ぐらいと油断してひどくなって長引きご相談に来られる患者さんが増えています。
寒暖差が大きいことが原因であろうと考えられます。
今年の天候不順は今までの常識外のことが多く地球規模で異常が出てきたのではないかと危惧しています。
今から、養生をして体調を整えておかないとインフルエンザが大流行し始めたら、非常に困ったことになると思います。
なぜなら、風邪もインフルエンザも罹ったら、自己の免疫力が一番の頼みの綱ではないでしょうか。
今でも免疫力のない人や高齢者はインフルエンザで死ぬ思いをされた経験がありませんか。
このように天候が不順になると疲労が重なっているだけで、免疫力が著しく低下してひどい目に合う可能性が大きくなります。
最近、店頭で相談を受けていて、本来元気そうな人が少しばかり無理を重ねたために風邪が治らずかなり弱って来られます。
皆様、今年の冬は今までのことが通用しないと思って、用心してほしいです。
過労に効く漢方薬がございますので、ご相談ください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.