40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

若年性更年期障害は治せる? 2016.01.22

最近では若年性更年期障害と言う言葉が出てきましたが、ご存知ですか。
ホルモンのアンバランスから自律神経の働きが乱れ、更年期障害が起こります。
ところが、最近まだ20代、30代の若い女性にも、生理が不順になったり、月経が無くなって、更年期障害と同じような症状を訴える人が増えてきました。
これを総称して、「若年性更年期障害」といった言葉が生まれています。

この中には、さまざまな原因で実際に閉経する人もいます。
医学的には1年以上無月経が続くと閉経とみなされます。
そして、43歳以前に閉経を迎えることを「早発閉経」と呼び、病的な状態と考えられます。
それより短期間、たとえば月経が無くなって半年ぐらいであれば、「続発性無月経」と呼びます。

なぜこれほど若い女性の身体が弱って来ているのでしょうか。
特殊なケースと片付けて安易に見過ごせない事態ではないでしょうか。
私のこれまでの経験の中にもそのような深刻な事例がありました。
東洋医学的に見てみると血が弱っていて、亡血または血虚になっています。
身体にとって血と言うのはたいへん重要なところです。
血を回復すれば治る可能性はあるでしょうが、時間はかかるでしょうね。
その血を作る材料は毎日皆様が食べている食事が元になっています。
近年若い人たちの食事の中身がかなり怪しくなって大丈夫なのかと心配になっていました。
簡単に言うといずれ来るべき結果が出てきたと突き放したように言えば身も蓋もありませんが、恐れていたことが現実化してきました。

健康面に対する色々なトラブルは多方面に渡っていて今後ますます深刻化するでしょう。
根本的な生活全体を見直さないと手遅れになるでしょう。
これから、皆様と真剣に考えていかなければならないと思います。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.