40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

口が苦い、口臭が気になる 2014.10.13

東洋医学では「口が苦い」と「喉が渇く」、「舌が渇いて白い」という症状があれば体の内部に熱を持っていると考えます。
「口臭が気になる」と言ってご相談に来られることがよくあります。
強い口臭がある人は胃腸の具合が悪い場合があります。
多くのケースでは胃に熱をもっていて消化がうまく出来なくて、食べたものが体内で異常発酵されて、口から強いにおいを発することになります。
もともと体の内部に熱がこもりやすい人が暴飲暴食を繰り返すことに舌も白くなりがちで強い口臭を出すことになります。
初めてのご相談の時に舌の状態を見せて頂くことが多いので、職業柄でしょうかテレビを見ていても、街中で人を見ていても舌の色が目に付いてしまいます。
意外に舌が白い人が多いような気がしますが、皆様はいかがですか。
今までは鏡でご自分の舌の色をまじまじと見つめたことがないと思いますが、一度、洗面所の鏡か手鏡を見てご自分の舌の上の色をじっくりと見てください。
「白苔」と言って舌の上に苔のように白や黄色などの苔のようなものが乗っていることがあります。
体調によって、白苔がある日と無い日があったりします。
場合によって胃とか肝に熱が強いと黄色い色からこげ茶色になったり、心臓が弱ってくると黒い苔が舌の上に乗っている場合があります。これは要注意の症なので、念のために心臓の検査をされることをお勧めします。
このように舌の状態も体の中を知る重要な手掛かりになります。
中国医学では大学に「舌診」だけの教室があったり、それを専門に研究している人もいます。
当店でもご相談に乗りますので、ご来店ください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.