40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

肝臓の弱っている人が多い 2011.12.24

この頃、肌が痒い、ジンマシンが出る、筋肉が弱って関節が痛む、疲れやすい、疲れがなかなか取れない、ストレスがたまっている感じがする、生あくびがよく出る、夜が遅い、よく眠れない、目がかすむ、すぐに横になりたがる、横になるとすぐ寝てしまう、イライラしやすい、涙もろい、ため息を良くつく、めまい、ふらつき、食欲不振、吐き気などがありなんとなく肌に生気がなく元気のない顔をしていることはありませんか。
秋になって肝臓が弱ってご相談に訪れる方が増えています。
例えば疲れが取れない、筋肉が弱って足腰が痛い、ジンマシンが出た、なんとなく肌が痒い、ストレスで体調が悪い、胃腸の調子が良くないなどの相談が多くなっています。
話は変わりますが、人間の体温は肝臓や筋肉や腸などで作られています。
肝臓は人体の中で科学工場のように働いているので、いろんな酵素反応をして熱エネルギーを産生しています。
そのため、肝臓が弱くなると体力も低下して体温が下がることになりますから、免疫力も低下して、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。
風邪をひいてなかなか治りにくくこじれている人も皆様の身近におられませんか。
マイコプラズマ肺炎も流行りだしてきたという話を聞いています。
風邪は疲れと冷えが主な原因となることよくあります。
体を休ませるには肝臓も労わってあげて欲しいと思います。
肝臓を休ませるには体を横にして休む、午後10時を過ぎたらなるべく早めに寝る、ハチミツなどの自然の甘味の物を少し取る、酒を控える、ストレス(いらいら)を溜め込まないなどに気をつけてください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.