40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

昼間に眠くなりませんか 2011.07.23

今年の運気が水運不及なので、腎が弱りやすくて冷えてしまいます。
腎が冷えると次のような症状が現れることがあります。
下半身が冷えて少陰病の状態になるとなんとなく元気がなくだるい、覇気がなくなる、めまいがしたり、立ちくらみがしたり、足腰に力が入らない、足元がふらついて真っ直ぐ歩けない、下痢や軟便が多い、足が冷える、寝起きが悪い、昼間眠くなったり、朝起きてから水溶性の下痢をしたり、喉がいがらっぽくなったり、すごくだるくなったり、頭がボーとして集中力がなくなったり、目の前が暗くなったり、食欲が低下したりなどのさまざまな症状が出てきます。
なんとなくだるいという人は多くありませんか?
疲れが取れなくて気分までふさいで元気が出なくて困っているというご相談が増えています。
腎が弱ると不安感が強くなり、落ち着かなくなり、驚きやすい精神状態になります。
その上に、地震、原発事故と大変なことが起こり未だに見通しが立ちません。
この様な状態になれば、当然のこととして不安をかかえた人がますます増えてくるのではないでしょうか。
精神的にも肉体的にも調子が悪いときはまずは基本に返って消化器系を休ませてください。
消化器系を回復させるには日本人本来の伝統的な食品を取っていただくことが重要です。
私見ではありますが、伝統的な食事というのはご飯、味噌汁、漬物が中心になると思います。
味噌も漬物も発酵食品で胃腸を助けてくれる素晴らしいものだと思います。
漢方薬もきっと皆様の健康に貢献できると思います。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.