40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

今年は皮膚病が悪化しやすい 2009.05.23

天候が不順ですが、お元気ですか。
今年は土運不及という運気で、消化器系(胃腸などを含む)が弱りやすいので、口の周りが荒れやすくそれ以外の皮膚の状態も良くないようです。
アトピーがずいぶん良くなっていたのに、急に症状が悪化している人が多くなっています。
蕁麻疹や湿疹も増えているようです。
胃腸が弱っているので、感染性胃腸炎や下痢などもよく聞きます。
胃腸が弱ると風邪やインフルエンザもかかりやすく治りづらいということがあります。
有名な女性芸人が結核で入院したとか美容家が気管支炎で全国ツアーを延期したとかいうニュースがありました。
東洋医学では大腸と肺(鼻、喉、気管支も含む)や皮膚は関連があると考えます。
したがって、腸が弱ると皮膚も弱ります。
食べ過ぎると、顔に吹き出物が出来てくるという経験をされたかとがある人は多いでしょう。
風邪で胃腸が弱って、吹き出物が出ているのを風の吹き出しと昔は言いました。
とにかく顔だけでなく全身の皮膚は内臓の鏡ということが言えます。
毎日の食生活を見直す良いチャンスだと思って、日本食中心の食生活に戻っていただくことをお勧めします。
東洋人の女性の肌は綺麗といわれているのは米が主食ということが原因ではないでしょうか。
今年は特に消化器が弱りやすいので、少しの負担ですぐに皮膚に反応が出る。
皮膚が荒れているときはなるべくご飯とあっさりしたおかずを中心にした食事を心がけてください。
コーヒー、果物、冷やしたビール、冷たいもの、生もの(サラダ、生野菜)など冷えるものは出来るだけ控えてください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.