40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

今話題のメタボ検診とは 2008.06.14

2008年4月から実施されるメタボ検診とは特定健康診査および特定保険指導の事です。皆様はもう受けられましたか。
「メタボリックシンドロームや生活習慣病といった、 あまり積極的に治療しようとしない 病気に対して検診、改善、指導を行います。
メタボ検診は、国民健康保険を運営する市区町村、 会社の健康保険組合などで義務付けされており、 40歳~74歳の健康保険加入者は必ず受けなければなりません。
メタボ検診の検査の項目は腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値の4項目です。
この4項目を検査し問題があると判断された場合、 医師や保健士、または管理栄養士といった専門家と面接を行い、 改善方法を一緒になって検討する。
腹囲が太くなるのはお腹周りと胃腸や肝臓などの内臓の血液循環が悪いからと思います。」MARUTAより引用しました。
肥満は食べたカロリーと消費したカロリーとの差が脂肪となって、貯金されて身体にたまった状態です。
新陳代謝が悪くカロリーを消費することが少ないと食べたカロリーがそんなに多くなくてもやせないと言うご相談を受けることが時々あります。
漢方薬を飲んで、体調が良くなると同時に体重も落ちてやせていくことが時々あります。
漢方薬を飲んで、血液循環がよくなり、汗もよくかくようになり、エネルギー消費量が多くなるとダイエット効果が現れやすくなります。
東洋医学的に考えると血圧が高くなるのは心と腎のバランスが良くないし、血糖値やコレステロールが高いのは血に熱を持っている。
したがって、漢方薬を飲んで血液の芯熱を取ったり、心と腎のバランスをとれば改善することが出来る。
私が提案するダイエットは酵素や漢方薬を飲んで体質を改善し、ダイエットをすればやせるだけでなく健康にもなれるという話で、一挙両得になります。
検診までに少しでも腹囲を減らしたいと思う方はぜひご相談ください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.