40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

今年の秋と体調 2007.11.06

今年の夏は記録的な暑さでしたが、読者の皆様のその後体調はいかがですか?
夏があまりに暑いので、冷房が嫌いな方でも使わざるをえなかったと思います。
そのためにいろいろな問題が身体に起きてきていると思います。
体表が弱っていたり、身体の内部が冷えている人は熱の生産能力が低いので冷房を嫌う。皮膚が丈夫で身体の内部に熱がある人は冷房が好きです。
しかし、そんな人でも冷房に当たりすぎると皮膚が冷えて発散の不良をきたし身体の内部に熱をこもらせ、時には血液にまでその熱が及んで体を悪くすることがあります。
最近の相談される方の中で体内に芯熱を持っている方が増えています。
上半身の特に胃と肝臓に芯熱を持っていることが多いです。
症状としては胸やけがする、胃痛、身体がだるい、下が白いか黄色い、口臭が気になる、イライラする、過食気味になる、食欲不振になる、背中が張る、腰が痛むなどの症状が一部出ることがあります。
これらは漢方薬で芯熱を取って治る可能性があります。
そのほか、運動を適度にして汗をかくことで身体の内部にたまって芯熱を発散することが出来ます。
健康を維持するためには食事を考えることだけでなく、適度な運動も大事でしょう。
よくある例としてあげたのですが、他にも今年の熱の影響は出ています。
あまりの暑さで腸が弱って、消化がうまく出来なくて貧血気味になっている方も見ます。
昼間眠い、目がかすむ、頭がぼーとする、まぶたの裏が白いかピンク、疲れやすい、いらいらしやすい、めまい、立ちくらみなどがあると貧血または血の働きが弱っている(血虚、亡血)可能性があります。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.