40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

女性の貧血対策 2007.09.08

貧血と一口で言っても種類がいろいろあります。
今回は貧血がどうして起こるか考えてみたいと思います.
貧血とは、血液中の赤血球(ヘマトクリット)の減少や、赤血球に含まれる血色素(ヘモグロビン)の量が少なくなった状態をいいます。貧血には原因によっていくつかの種類がありますが、最も多いのがヘモグロビンの原料となる鉄が不足して起こる鉄欠乏性貧血です。

 

ヘモグロビンは酸素を体の中に運び、いらなくなった二酸化炭素を持ち帰り、肺から外に出すなど重要な働きをしているので、ヘモグロビンが少ししか造られないと、全身に運ばれる酸素の量が減少し、体が酸素不足になってさまざまな症状が起きてしまうのです。
主な貧血の症状は以下の通りです。

 

たとえば、めまい・立ちくらみ,頭が重い・頭痛,耳鳴り,顔色が悪い,唇の色が悪い,肩や首筋がこる,動悸・息切れ,むくみ,疲れやすい,体がだるい,注意力低下などです。
女性に関係あることといえば、生理の出血過多による貧血と妊娠中の貧血です。
血は体内で作られているので食生活が非常に大きな影響があります。
食事というと一般的には鉄分の補充ということが言われますが、本当にそれで改善するのでしょうか?
東洋医学的に考えると貧血の状態は「血虚」,「亡血」に当てはまると思います。
この状態を東洋医学では当帰などが入った漢方薬で改善します。
食べたものは必ず消化すると思いますか?たとえば、脾胃を助けるご飯のたんぱく質は消化が良いとおもいます。
口に入れたものは胃に入り、腸を通って排泄されます。
一応、便秘でつまっていなければお腹の中を食べ物が通り過ぎますが、完全に消化しているという保障はありません。
誰が食べても同じように吸収されるということはなく、人によってはたくさん食べても太れなかったり、少ししか食べていないのに太ってしまうのはどうしてでしょうか?
お腹を冷やしたりして、胃腸の働きを低下させているとせっかく食事をしても栄養の消化吸収が悪いので、十分に赤血球を作ることも出来なくて貧血になることもあると思います。夏だからといって油断してたくさん冷たいものを取ると貧血になる可能性が高まります。ご飯を食べて冷たいものを控えましょう。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.