40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

感染性胃腸炎について 2006.12.16

ホームページ:みえの感染症ガイドブック 参考
急に寒くなって風邪が流行していますが皆様はいかがお過ごしですか?
今年は例年よりも早くから、感染性胃腸炎が流行し始め三重県でも注意勧告が出ています。今年の初めに書いた記事にあるように後半年から脾臓(消化器系全体)が弱りやすくなっています。
そのために、感染性胃腸炎がはやっているのではないでしょうか?
感染性胃腸炎はご存知ですか?
感染性胃腸炎という診断名は、多種多様の原因によるものを包含する症候群です。
したがって原因となる病原体は、細菌、ウイルス、寄生虫など多種多様であり、
臨床症状は病原体やその感染様式によって異なりますが、発熱、下痢、悪心、嘔吐、腹痛などが主に見られます。
病原体は細菌性のものでは腸炎ビブリオ、病原性大腸菌、サルモネラ、カンピロバクターなど、ウイルス性のものではロタウイルス、腸管アデノウイルス、ノロウイルスなどがあり、寄生虫ではクリプトスポリジウム、アメーバ、ランブル鞭毛虫などがあり、感染様式はほとんどの場合、感染患者からの糞口感染あるいは、汚染された水、食品を介して感染します。
この中で最近良く話題になっているのはノロウイルスによる感染性胃腸炎です。
東洋医学でいうところの霍乱病の状態になっています。
つまり、陰と陽のバランスが完全に壊れて胃腸の機能が著しく低下した状態です。
東洋医学的に分類すると胃が冷えた状態と胃に熱を持った状態の2種類が考えられます。
患者さんがどちらになっているか考えて指導すると比較的早く症状が軽快します。
漢方薬はゆっくり効果が現れると一般的には思われていますが、感染性の疾患に対しては比較的早く効き目が表れています。
それから、感染性胃腸炎は胃腸の機能がかなり低下しているので、食事はおかゆだけにして、回復してきたら、おかゆとすこしずつあっさりした消化の良いおかずを食べ始めたほうがいいでしょう。
あせって、いろいろ食べようとすると消化不良を起こし胃腸を弱らせて回復が遅れますのでご注意ください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.