40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

子宮内膜症が増えている 2004.10.24

最近、子宮内膜症という言葉を良く聞くようになりました。
20代の女性にも発症していることがあります。
子宮内膜症の3大症状として、月経痛、骨盤痛、不妊症が言われています。
一般的には子宮内膜症では月経困難症がメインに考えられてきましたが、最近では月経時以外の症状にも注目され始めました。
1997年度、厚生省の補助金をうけた研究によると、195施設から3,047名の子宮内膜症患者の報告を受け、そのうちの2,330名に関して調査したところ、症状は月経困難症が88%で、そのうちの70%に鎮痛剤が必要でした。鎮痛剤を使っても日常生活に支障をきたすものは18%に及びました。

当店の患者さんの中にも子宮内膜症にかかっている人は結構おられます。
さらにチョコレート膿腫という子宮内膜症にかかっている方が、当店の患者さんの中では増えております。
ほとんどは生理痛がひどくなり産婦人科を受診することによって発見されています。
不妊症を治療する目的で産婦人科を受診して発見されるケースもかなりあります。
生理痛があっても市販の鎮痛剤を服用すれば日常生活に支障の出ない程度の場合もありますので受診されるまで発見されないことがあります。
お心当たりのある方は一度産婦人科を受診されることをお勧めします。
子宮内膜症がまれに癌化するケースがあるそうですから、放置しておくのは好ましくありません。
東洋医学的には子宮内膜症は子宮などの冷え、お血等が原因で起こると考えます。
したがって、決して治らないものではなく漢方薬をお飲みになって治る可能性は十分ございます。
漢方薬などをお飲みになって、子宮内膜症が改善され、生理痛がほとんどなくなった方もおられます。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.