40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

梅雨時の健康法 2003.06.14

こんにちは、お元気ですか。
当地の三重県津市では梅雨に入り、鬱とうしい天気が続き毎日蒸し蒸しします。
湿気が多いと温かくなったように感じても意外に冷えたりすることがあります。
湿気に一番弱い内臓は東洋医学的に考えると脾臓と胃です。
そのため、消化器の調子が悪く食欲が進まなかったり、消化が良くなくもたれて気分が悪いというご相談も増えています。
胃腸が冷えていることもしばしばあり、胃腸の気の巡りが悪くガスがたまっているようだと訴える方もありました。

 

梅雨時は胃腸の負担なるようなものは避けて香辛料を使った料理が良いでしょう。
東南アジアは、湿気が多く蒸し暑いので例えばベトナムとか台湾などは香辛料を上手く利用した料理が多くあります。
十数年前に台湾に研修旅行で行ったときに露天商が薬草のジュースを売っていました。
その薬草ジュースを現地の人に勧められて飲んだことがあります。
湿気で食欲を無くしていた時にそのジュースはすばらしい効き目がありました。
薄荷のような味や他の香辛料の味が混ざっていたことを覚えています。
香辛料は胃腸の働きを良くしてくれるものがあります。
香辛料の中には漢方薬として使われるものもございます。
例えば、桂皮(別名ニッキ)、紫蘇葉、山椒(さんしょう)、生姜など皆様おなじみのものがあると思います。

 

湿気が多く発散力が低下すると汗腺の働きも弱ります。
汗腺の働きが弱って皮膚に赤い出来物が出来て困っている患者さんが良くご相談に来られます。これを汗胞症と言います。
吹き出物だけでなく顔や手足がむくんでしまう方もおられます。
今のような時期は、足に水虫のような状態で皮膚も赤くなったり、かゆみもあるので紛らわしい患者さんが来られることがあります。
たとえ、水虫菌がいたとしても汗の発散が悪いことが引き金になっているので、汗胞症を同時に治さないと治りにくいでしょう。
手や足の裏の皮がひどくむけて痛そうな状態になっている患者さんもいました。
毎年なる方は是非ご相談ください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.