40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

SARSとワクチンについて 2003.04.19

世界保健機関(WHO)は4月16日に重症急性呼吸器症候群(SARS)の原因が、新型コロナウイルスであると発表しました。
これからはウイルスに対するワクチンの製造を急ぐことになるでしょう。
それではワクチンとは何でしょう。
生体に人工的に免疫を与える抗原を含む生物学的製剤をワクチンといいます。ワクチンには生弱毒性微生物を含む生ワクチンと不活性化微生物、または微生物に感染防御抗原を含む不活化ワクチンの2種類があります。毒素の免疫原性を損なわないように無毒化したトキソイドならびにコンポーネントワクチン、別名サブユニットワクチンも不活化ワクチンに属します。
ワクチンの名はフランスのルイ・パスツールによって作られました。
彼は伝染病の予防に接種する弱毒性微生物をワクチンと名づけました。
当時のワクチンは、今日の生ワクチンをさしていました。
ワクチンで有名なものはインフルエンザワクチン、風疹ワクチン、破傷風ワクチンなどです。

 

皆さんは、新聞の記事で4月15日、日本で第一号のSARSの可能性例がみつかったことをごぞんじですか。
その後17日のWHOの報告では日本に二人目の可能性例が出ました。
ワクチンが早く製造され予防接種が出来ることを願いますが、残念ながら直ぐには無理でしょう。
場合によっては数ヶ月先になると思います。
それまでの間は、自分の免疫力を高め自己防衛に努める必要があります。
今こそ東洋医学を見直していただく良いチャンスではありませんか。
東洋医学では免疫力を高めるようなものから肺炎を治すお薬まであります。
香港の漢方薬局には藁をもすがる気持ちで人が集まってきているというニュースを報道していました。
漢方薬の原点である「傷寒論」は本来感染症の患者さんを治すことを目的に編纂されました。
風邪や肺炎を速やかに治す非常にありがたいお薬も載っています。
そして、肺の働きを良くして予防も出来るという優れたお薬も載っています。
風邪が治りづらくてお困りの方は是非、ご相談ください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.