40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

妊娠初期の赤ちゃんについて 2002.05.18

第9週の胎児は頭部が頭臀長の半分を占めています。頭臀長は44mmです。
頭は大きくなって首を伸ばすことができるのでせきついの前方に移り、

あごも上がり胸から離れます。頚部の成長がこの変化を助けます。
変化は他にも起こります。
まだ薄い皮膚の膜で覆われてはいますが、手足のつめが現れ始めます。
まず手のつめが先に現れ、次に足のつめが現れます。
まぶたは融合したままで、もう少し妊娠期間が進行しないと、眼は開きません。
また、この週には外性器も目立つようになるそうです。

 

妊娠第12週期末になると、胎児はかなりの大きさに成長します。
頭臀長は約85mmにもなります。眼が顔の正面に移動し耳が頭の横に位置するため、顔がはっきりと認識出来るようになります。
頭部が伸張しあごは胸壁から離れていきます。
胎児は嚥下したり上唇を動かしたり出来るようになります。
もし唇に何かが接触したり、こすったりすると、反射的に動かします。
この時期に胎児は尿を排泄できるようになります。
胎児が羊水を飲んでそれを利用したとき、不要な老廃物は無菌のまま尿として排泄され、また羊水に戻ります。
尿として排泄された老廃物は羊水中から母体側に吸収されます。

 

また、胎児はこの時期に胎盤からすべての栄養を摂取できるようになります。
胎盤も妊娠3ヶ月には大きく成長・発達します。
羊水の量も増加するので胎児が動き回るスペースが確保されます。
この時期には外性器がかなり発達するので超音波検査で様子を見ることが可能だそうです。
このように妊娠第9週から12週にかけて胎児は急に大きくなります。

 

私が考えるにこの時期の母体の栄養状態が大切な気がします。
なぜなら、この時期までに基本的な器官形成が完成段階に達します。
この先も出産まで発達は続けますが、妊娠期間の残りの数ヶ月は、これまでに形成された期間が成長を遂げていく過程であると考えられます。
したがって、この時期につわりでほとんど食事が出来ないまま過ごしておられる方もあるでしょう。
そこで私は少しでも栄養を取っていただきたいとお勧めしているものがございます。
ご相談ください。

参考文献 週刊インサイド・ヒューマンボディ デアゴスティーニ発行

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.