40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

その他

日本人は太りやすい  2001.08.31

今回、先日はテレビでも紹介されていたのですが、日本人は太りやすいと言うお話です。

私達の身体は脳の視床下部が支配する自律神経によってコントロールされています。
食事をやめるように満腹信号を送るのも自律神経の働きによるものです。
ところが、日本人の約三割が自律神経の送る指令が伝わりにくい体質を持っています。

 

それは脂肪細胞の表面にあるβ3アドレナリン受容体の異常が原因です。
満腹信号や脂肪を燃やす信号が届きにくいため太りやすいのです。

食べ過ぎや運動不足で余ったエネルギーは脂肪となり、脂肪細胞という倉庫にたまります。
脂肪細胞は増える時期が

①母親のお腹にいる時、

②生後1年間、

③中学生の時期(13才から15才)と成長の過程で3回あります。

1歳までの間にミルクを与えすぎたり、思春期の悩みや受験のストレスで食べ過ぎてしまうと、

脂肪細胞を過剰に増やします。
一度増えてしまった脂肪細胞の数は減らすことが出来ません。

 

しかし、一つ一つの脂肪細胞を小さくすればやせることは出来るのです。
毎日の習慣でこのやっかいなの倉庫を管理して太らない身体を保ちましょう。

それではやせる為の近道は何でしょう。
私達が何もせずにじっとしていても呼吸や血液循環などの体内活動でエネルギーを使っています。

このエネルギーを基礎代謝と言います。
基礎代謝を上げることが大変重要です。
基礎代謝は人が一日に消費するエネルギー量の実に六から七割を占めています。
脂肪を減らす為にはこの基礎代謝を上げることが一番の近道です。

 

最もエネルギーを使うのは筋肉です筋肉の多い人は基礎代謝が高くなります。
足の筋肉は身体の中でかなり多く体重を乗せているので運動量が当然多くなります。
したがって、歩くことが無理なく非常に多くのエネルギーを効率よく消費する運動です。
その上、漢方薬などで血行を良くして新陳代謝を高めれば健康とダイエットが出来て一石二鳥でしょう。

なかなか痩せ難くて困っている方はお気軽に御相談ください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業日:水曜日・金曜日・土曜日 営業時間:9:00~16:00新規のご相談予約:10:00~15:00
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.