40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

肩こり・腰痛・肩痛・神経痛について

坐骨神経痛と腰痛 2009.09.12

坐骨神経痛と腰痛は現在医学では別物と考えて治療をしていますが、東洋医学では同じ漢方薬で両方同時に治ってしまうことがあります。
東洋医学では原因から治す方法を考えるので、体のまったく離れたところで、一見関連性がなさそうな部位の症状も原因が同じならば一つの漢方薬で両方治すことが出来ます。
そのため、病気の部位だけでなく、どこに原因があるかを良く考えなければならないので、患者さんの自覚症状も含めて詳しくお聞きしています。
たとえ同じ病名が付いていても、患者が異なれば体質も異なり、病が発生した原因が異なる場合があります。
同じ患者さんが同じ症状や病名で相談に来られても、数ヶ月または数年たっていると原因が変わっていることもありますから、もう一度お話を聞きなおす必要があります。
面倒なようですが、これが東洋医学の原因を追究し、病を根本的に治し再発しないようにするために必要なことなのです。
当店では病が改善しても、その後再発しないようにするために、どのような日常生活をすると良いかというアドバイスをしております。
健康的な生活を送るための指導というのは食事や日常の運動とか精神的なカウンセリングも含みます。
腰痛もストレスが引き金になって起こることがあります。
毎日の食生活に問題があって、腰痛を招いているケースもあります。
指摘されると皆様も理解されるのですが、丁寧に根気よく説明しないとなかなか理解を得られないこともしばしばです。
しかし、ここが重要なポイントで患者さん本人だけでなく家族の方も同じような食事をして、生活環境の一緒なので今は発症していなくても将来は何か出てくる可能性があります。
それを未然に防ぐことが出来るので、患者さん本人だけでなく家族も同時に
健康な生活を送る手助けが出来ることになります。素晴らしい方法だと思いませんか。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.